アジャイル、自己組織、コンピテンス管理、チームダイナミクス

アジャイルトランスフォーメーションでは、チームダイナミクスが非常に重要であり、次の記事でそれらを非常によく説明しています。

多くの場所で、チームが共通の目的とガバナンスルールを定義することなく、アジャイルコーチングチーム自体であっても、チームがカットされることがわかります。

動的スパイラルと人々の能力レベルを考慮せず、単に“自己管理”と伝えるだけで、何が期待できますか?たとえば、‘緑’マネージャーは、平地に住んでいるので、人々が‘と等しいことを期待しますが、チームの人々が‘赤/オレンジ’ミームは彼らが能力の階層ではなく、権力の階層を必要とするでしょう。オバマ大統領に、トランプは良いチームプレイヤーだと思うかどうか尋ねてください🙂

私が知っている最良の方法は、人々をミクロ管理することなく人々を一緒に働かせることです。能力のヒエラルキーを導入することです。多くの場合、最も予想外の状況で、これを正常にテストしました。

アジャイル環境での自己組織化は、コンピテンス階層に置き換わることなく垂直階層を取り除くことであると単純に信じるのは、カオスとパワーゲーム以外のものをもたらさない!

ワーキンググループの最も一般的な問題とこれらのトラップを回避する方法の明確な見解を賞賛してください。

https://www.viktorcessan.com/top-5-agile-coaching-pitfalls/

お気軽にMaster Roshoの良い言葉を友達に広めてください!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください